ニキビ用洗顔料の肌別の選び方

8399733894_b2df6e2d28_b

ニキビケアにはきちんとした洗顔が不可欠です。

ですからニキビ用の洗顔料も適当なものを買わずに、それぞれの肌のタイプに適したものを買いたいですよね。

乾燥肌とニキビ用洗顔料

過剰な皮脂はニキビの元となってしまいますが、かと言って洗顔で皮脂を取りすぎるのは良くありません。

何故なら皮脂を取りすぎると、肌はさらに過剰な皮脂を出そうとするからです。

乾燥した肌は本来のバリア機能が低下しているので、そこから細菌が侵入し、炎症を起こしニキビが起こりやすい状態になっています。

つまり、乾燥肌用のニキビ用洗顔料を選ぶときに重視したいのは、

  • 炎症をこれ以上ひどくさせないために低刺激であること
  • 皮脂を奪い過ぎないようあまり洗浄力が強くないこと

この二つとなります。

脂性肌とニキビ用洗顔料

脂性肌は乾燥肌とは違い、過剰な皮脂分泌がニキビの原因となっていることも少なくないです。

なので毛穴に詰まった皮脂をしっかり落とせるニキビ用洗顔料を使いましょう。

つまり、脂性肌用のニキビ用洗顔料を選ぶときに重視したいのは、

  • 肌の汚れをきちんと洗浄できる洗顔料であること

となります。

しかし、いくら脂性肌といえどお肌の潤いを奪い過ぎてしまっては肌にもニキビにもよくありません。

そんなときは洗顔料をよく泡立てることで肌への刺激を軽減させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>